FC2ブログ

長い長い旅 (注:愚痴記事です)

water-2217661_1920.jpg

めっきり更新しなくなっていますが、ちょっとここのところ思うことがあり、
仕事で心がポッキリ折れたので、ちょっと整理をしたいなと文字にすることにしました。愚痴記事です。

嫌な気分になりたくない方は読まないことをお勧めします。
また、ご批判の意見をいただいても読まずに削除する可能性大ですのでご了承ください。


仕事の話。





乳がんの治療を終え経過観察に入っていますが、仕事の量が年々増え、人手不足の中部署を統合して業務内容が多岐に渡る状態になり、非常に体や精神に負荷がかかっていると感じています。

人事部長と話をした上、就業制限をかけ労働時間をフルタイムでも遅い時間の勤務をしないようにして時間内で出来るだけの仕事をこなしています。

先日、他所から私の仕事の仕方に異論があるということが漏れ聞こえてきました。
私が時間内に仕事をこなし、ある程度の終わりが見え、終業時間間際に余裕があることを面白くないらしく、なぜ自分たちの仕事を手伝わないのかと…言っていたそうな。
その方達は仕事が空く夕方には私がどれだけ必死に忙しく仕事をしていても、手伝うこともせず、のほほんとおしゃべりをしているのに、それを棚に上げてのこのご意見。

私の病気のことは伝えています。
手術をし、復職後も抗がん剤治療(ハーセプチン)をしながら仕事をしていたことも知っています。
それでも就業時間帯が早い時間しかしない私のことを面白く思っていないようです。

人も少なく遅い時間の勤務が偏っている私の職場では皆疲弊した状態です。
それでも会社は色々な条件を飲んで様々な勤務形態の人が集まっています。
特殊なのは私だけではない。
なのに、なぜ私にだけその矛先が向くのか…謎です。

わざと休みを複数人取ることで強制的に私に元の仕事以外の仕事もやらせる…そういう感じが見え隠れします。
上司は私のことを理解し、気にするなと言いますが、あまりにも露骨なので、仕事をこなせばこなすほど、心も体も荒んできて、今日はモチベーションが思いっきり折れました。

ゴールデンウィークが明ける頃に人事に異動はできないのか聞いてみようと思っています。
転職をしたら今のような条件で働けなくなるのは重々承知で、それもあり我慢していましたが、ここまで精神的にくるとちょっともうなんのために仕事しているのか…これでまたどこかおかしくなったら、後悔しかないです。

私の気持ちをうまく表現したコラムを見つけたので、リンクを貼ります。

「乳がんを乗り越えて」って言わないで欲しいんです

引用をしていいのかわからないので、問題があれば消しますが…

”がんを経験したことがない人は、「化学療法や放射線治療、手術を終えた人は、がんを克服した」と考えているのかもしれません。だけど、それは違います。私たちにとって、がんは決して「克服できる」ものではないんです。”

”「健康に見えたり、髪が生えたりしているからといって、がんを克服したというわけではありません。体重が増えたし、いつも疲れています。何も感じられないこともあります。1日をなんとか終えるという日も珍しくありません。それでも克服したと言えるんでしょうか」”

”がんと向き合うというのは、悲しみや喪失を何度も感じるということでもあります。治療が終わって「がんを克服した」と言われても、私たちはがんから自由になることはできません。不安や見えない将来を抱え、がんの恐怖に付きまとわれます。多くのサバイバーが、安心して眠れません。私もがんの治療中は、夜何度も目が覚めましたし、毎日関節が傷みました。乳がんを患った女性は、5〜10年にわたってホルモン治療を続けなければいけません。副作用に苦しみながら、静かに生活しなければいけないのです。だけど「命が助かったんだから、つらいのを我慢して幸せであるように振る舞わなければいけない」と思っているから、不満を口にしないようにしています。”


私はHER2だから、ホルモンはやっていません。
でも、傷が痛む時もあるし、傷の奥に硬いものがあると不安になるし、疲れもなかなか取れない。
お一人様で、年もとってきているから今度何かで治療するときはきっと本当に一人で何もかもやらないといけないくて、それを想像するだけでゾッとします。そんな不安とたまに戦う。

それでも見た目に何も変わらないから、治ったと思われてなんであの人は違うのと思われる。

今の職場の労働時間は私の休職中に就業時間制度が変わり私からしてみれば毎日残業しているのと同じ労働時間です。
この時間に体を慣らすことがどんなにしんどいか。自分で調整しながら休みながら無理をせず、コントロールしているのに、休まないから元気だと思われる。

休んでも私の仕事は誰もやってくれません。
私の仕事は私じゃなきゃできない仕事ではありません。
会社は私一人いなくても回るはずなんです。
みんな面倒だからやらないだけ。


こんなことに囚われていると、せっかくここ数年趣味を再度持ち始めて楽しくやっていたのにそれすらする気分になれません。

これを書いたことで何かを解決できるとは思いません。
ただ自分の心の中の大きな波を鎮めるための作業です。

なんだかとても長い長い旅をしている気分です。
先の見えない薄暗い中をずっと歩き続けている。
いつか、明るい光の見える出口にたどりつけたらと思うのです。

お読みいただいた方、ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment 2

Mon
2018.05.07
00:19

わかゆき #-

URL

こんばんは。わかゆきです。

癌は克服できるものではない、不安や見えない将来を抱え、がんの恐怖につきまとわれている。癌から自由になることはできない。。。あー、すごくよくわかります。
病気前と後では気持ちも身体も全然違いますよね。私は気力が全くなくなってしまいました。癌になったことがない人にはわからないですよね。乳癌は知れば知るほど本当に怖い病気だと思います。4年たったら再発や転移のリスクがだいぶ下がるといわれますが、そんなことはない、油断はできない、といつも思っています。
私は今年60歳になったのでフルタイムでは働いていませんが、午後から5時間ほど外に出て働くだけでも疲れます。昔は朝から晩までよく働くことができたな、と思います。
tamakiさん、無理をしないでくださいね。なんとか異動できるといいですね。人間関係のストレスが一番身体に良くないですから。いまの状況が少しでも改善されることを心から願っています。

Edit | Reply | 
Thu
2018.05.10
09:20

tamaki** #-

URL

Re: わかゆきさんへ

こんな愚痴記事に、コメントありがとうございます(^_^;)
私の考え方が甘えているのかなと思いながらも、やっぱり記事のような気持ちが頭をよぎるし体もえらい。
もちろん加齢もあるから、みんなそうなのかもしれない。
運動でもして体力つければと思えどそんな気力も体力も残っていない。
休みに日にはヘトヘトで、やれなかった家事をやるので精一杯。そんな感じです。
人間関係のストレスがどうしてもかかってしまうのは、自分の性格もあるかもしれません。
上司には話をしましたが、このまま話が進むかどうか…。
更年期症状が出てきているのかなとも思います。

優しいコメントありがとうございます。
ストレスがかかり過ぎないように改善出来るようになればいいなあと思います。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?