病気へ立ち向かうのは一人じゃダメなの?

sky-954931_640.jpg

年内最後にこんなこと書いて・・・。しかもまた随分と開きまして・・・。


来月は半年検診です。

仕事も町内行事も忙しく、やっと終わりが見えて来ました。
そうしたら、来年早々人が一人辞めるし、組織改編があるし・・・どうなることやら。

最近なんだか閲覧数が異常に伸びてる時があります。
グーグルとかで検索に引っかかるようで、ブログ村にももう登録していないので観ている方もめっきり減ったブログですが、たどり着いて読まれている方ありがとうございます。

ただ、医療は日進月歩、色々情報が古くなっていますので、お気をつけくださいね。(笑)
本当は昔の記事に、今話題の医療系まとめサイトの引用があったかもと思ってますが、
なかなか忙しくて内容を確認できず。あったら、読まないことをお勧めします。(汗)


最近、メディアを観ていると、『乳がん』だった的芸能人の記事を目にします。
癌は二人に一人は罹患する時代です。
自分の周りにもいるのかもしれませんが、芸能人と違って大々的に公表するわけではありませんので、案外知りません。

メディアでは旦那さんとか家族が支えてるケースが多くて、
それに対するコメントを見ると
『優しい旦那さんがいてよかった。私だったら支えてくれる人がいないとダメかもしれない・・。』
的な内容をいくつか目にします。

あとは、健康な人が、自分がもしガンになったらとよく仮定して話しているのを観ますが、
どうしても斜めにしか見れない私。性格悪(笑)

病院でも確かに言われた
『話を聞いてくれる人や支えてくれる人はいませんか?』って。

いや、いないよ(笑)
だって私の家族は先に死んでるし、私独身だし、兄弟いないし。

一人で立ち向かう人ってそんなに珍しいことではないと思っています。

家族がいても、言えない人。
同じ家にいても助けてくれない場合もある。

もちろん私のようなお一人様も。


病気に立ち向かうのは一人じゃダメなんでしょうか?

いや、結局は自分次第だから、周りがいても一人で戦わないといけない・・そんな風に思ってます。

もちろん、抗がん剤で苦しんでる時に、誰かにそばにいてほしいとか、身の回りのことしてほしいとか思ったりもしたけれど、自分の思うように人がしてくれるとは限らない。

それは、母との経験でそう感じます。

母は最後の方は喉を切開して話せなくなり筆談だったので、それが残ってるんです(苦笑)
父が思い出に残したから。
さすがに私のことをあまり悪くは書いてませんが、祖母に対しての悪口がすごい。
思うように動いてくれない苛立ちとか、自分の苦しみから出る憎しみとか。

なんでこんなもの残したのよ〜とは思いますが、命日にたまに読みます。
ある意味、自分への自戒の為に(笑)
父はすごく尽くして看病しました。
でも、『ありがとう』の文字は見当たりません。

父はそれでも自分が病気になった時に、姉の叔母に『やっぱり奥さんに看病してもらいたかった。』
と言っていたようなので、自分の妻への看病は絶対だったと思っていたようです。
そうなのかもしれないし、そうじゃないのかもしれない。

母の時と違い、父の頃には家族が付き添うという時代ではなくなり、
仕事の行きと帰りに、面会時間に一緒に過ごす。
必要なものがあれば作って持っていくという時代になります。

泊まり込めは、
『お父さん、そんなに悪いのか?』
と言われ、自分の最後を悟らせてしまうという頃でした。


私は・・・。


治療中は、『生きたい』という思いで必死でした。
一人でもなんとかしようと、辛かったけど・・・。

支えてくれる人がいるのは幸せなことかもしれない。



でも、一人でなんとか立ち向かえる人もいるのです。

ささやかな何かを支えにして・・・。
それが医師との会話だったり、看護師との会話だったり、同時期に治療した者同士だったり。

じゃあ一人じゃないじゃないと言われそうですが、やっぱり一人ですよ。

自分で勝手に作っている支えですから。



暗い文ですみません。

来年は、町内の仕事から解放されるし(笑)
もうちょっと自分を大事に、人生を楽しみたい。
今年は夢の国に行っただけだったし。

『逃げ恥』の百合ちゃんみたいに、素敵な50代を目指して!(笑)
(ドラマのおかげで乗り切った年末(笑))

ちょっと早いですが・・・みなさま、よいお年をお迎えください。



関連記事
スポンサーサイト

Comment 4

Sat
2016.12.24
17:16

しー #-

URL

私も2年前に乳がんになり、手術、抗がん剤、放射線、ホルモン療法を経て職場復帰しました
主人はいるけど、この結婚は失敗だったと私の身内に吐き出したり治療費は、だれが払てると思ってんだ、と言われて、今は、口もきいてません。
家族が居ても支えになるどころか、ストレスで
再発しそうです
愚痴ってすみません

Edit | Reply | 
Fri
2016.12.30
22:49

tamaki** #-

URL

Re: タイトルなし

しーさんへ

お返事遅くなってすみません。
以前もコメントを下さったしーさんで良かったでしょうか?
病気によって自分の周りの人の変化に驚くことは私もありました。
でも、旦那さんだったり家族だと余計に辛いものかもしれません。大丈夫でしょうか?
愚痴を言ってくださることは構わないのですが、私の記事でお気を悪くされていたらすみません。
どんなストレスも強ければ、体に影響があると思っています。
どこか息をつける場所や人ができることを願っています。
あまり思いつめないでくださいね。

Edit | Reply | 
Sat
2016.12.31
12:55

あんぱんまん #-

URL

tamakiさんこんにちは。アトピーや身体の調子はどうですか?私は皮膚がとても強い
ので本当にアトピーの方を見ると辛そうだなと思います。

最近本当に芸能人の癌闘病記をよくみますよね。家族がいてよっかたとか色々感動?

な感じでまとめていますよね。たまに読んでいますが、あまり共感がわきません。

だって本当の悲しみとかなんて、結局自分自身が乗り越えていかなればいけないような気がします。

なんだか渡辺美里のmy revolutionを思い出しました。歌詞をパクってしまった感じですが。

ただtamakiさんのブログを見て勇気づけられたり、共感できる記事をみて涙した事も私の元気になった事も事実です。

一人だけど一人じゃない感じで自分の中で勝手に心の支えにしています。

会った事もないですが、今年私が一番心の支えになった事はtamakiさんのブログや、

たまにやりとりしているコメントです。ありがとうございました。

来年もブログ楽しみにしています。


Edit | Reply | 
Sat
2016.12.31
22:33

tamaki** #-

URL

Re: タイトルなし

あんぱんまんさんへ

コメントありがとうございます(o^^o)
あんぱんまんさんのブログでのコメントへも返信ありがとうございました。

アトピーの状態は昔よりはマシですがやっぱり、仕事の疲れや酷使することで良くなったり悪くなったり。
でも、昔よりは随分マシです。

My revolution 私も好きです。すごく前向きになれる曲で好きです。
確かに歌詞の通りかもしれません。
結局は自分自身で乗り越えないといけない。
でも、何かその人にとっての支えがあればなおいい。そう思います。
私もあんぱんまんさんとのこういったコメントのやりとりも支えになっています。
人のブログを読んで共感することもそう。
そういう些細なことでも人は前に進む糧になるんだと思います。

こちらこそありがとうございます(o^^o)
ブログをやっていて良かったです。


来年もお互い無理せず良い年でありますように。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?