FC2ブログ

術後3ヶ月検診 1回目

sunrise-717816_1280.jpg

ちょっとご無沙汰してました。
治療が終わると結構忘れていられるものです。

今日は、術後フォローアップの1回目の3ヶ月検診でした。
エコーとマンモグラフィーを行い、主治医のところへ。

待っている間、曜日ごとの先生方の勤務表を見ていると、ポートを入れる手術をしてくれた
女医さんの名前がない。
あれ、いつの間に。異動されたのでしょうか。
手術から1年以上、病院内の人も変わって当たり前なのかもしれません。

あまり待たずに、主治医に呼ばれ、検査の結果を報告されました。

異常なし。

エコーの先生が、術側に少し水が溜まっている(おそらくドレーンで出しきらなかった残りか、その後出てきたもの)けど、問題ないよと言われていたので、特に異常は感じなかった。

久々に緊張したので、ちょっとホッとしました。

で、やっとポート除去の話に。
先生の予定と、私の仕事の都合もあり、約1ヶ月後になりました。

とりあえず、保証人はまた書いてもらわないといけないので、その為に出向かないといけないし、
先生はもうちょっと早くするつもりでいたかもしれなけれど、私には必要な時間。

日帰りではなく、1泊です。
しかも、皮膚科の予約もしていたのを思い出し、受診後入院手続きということになりました。

先生に、今回は付き添いなくてもいいかと確認。
私がお一人様なのをすでに忘れて見えるので、再度お話。(笑)

まあ、日帰りだと付き添いいるけど、1泊だしとしぶしぶ了承。
一人で入退院は初だね。
でも、入院も4回目だし、1泊だから荷物も少なくていいし、慣れたものかも(笑)

ポートを外すのも残すのも若干迷いはあるのですが、外したい思いのが強いので、
また必要になった時。。というのがあるけど、その時はその時に考えます。




家に帰る時に、本屋へ寄って、新しい『がんサポート』を立ち読み(苦笑)
医療費控除のことが載っていて、『診断一時金』は医療費控除の際の差し引きする給付金に該当しないというもの。

え〜、じゃあ、去年もやった方が良かったの〜??と今更、知るところになり、
社労士の従姉妹にLINEで確認。
数回やりとりした結果、『年末調整で源泉徴収0』だったので、やる必要ないというか、もう税金は戻ってきているということで落ち着きました。
知らないって本当にいけないわ〜と実感。

ということで、今年の分はやりますのでまた書こうと思います。
大して戻ってこないかもしれないけど、これも勉強だなあ。


関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

WHAT'S NEW?